明治あやかし新聞 怠惰な記者の裏稼業


 翌日、多恵の呼びかけに応じて店にやってきたのは、山伏装束の男だった。

「こちらが掛け軸を見てくださる修験者の先生です」

「……っ!」

 香澄は男を見て、あげそうになった声をすんでの所で呑み込んだ。その修験者、立派な髭をたくわえているが、細い狐目にいやというほど見覚えがある。

 艶煙だ。

「よろしくお願いします」

 頭をさげた浅田屋夫婦に大仰にうなずいた彼は、件の掛け軸のある部屋に案内されていった。香澄も黙ってその後に続く。

 部屋に入り、床の間の前で足を止めた修験者――艶煙は、自分で用意した画を、もっともらしく時間をかけて検分する。そっと手を伸ばし、恨めしげな眼差しの女に触れ、やさしくその顔を撫でて手を離す。

 そして、硬い表情でふり返った。

「この画は……」

 神妙な顔つきでつぶやいて、部屋にそろった浅田屋夫妻と香澄を順に見やる。

「この掛け軸は、どこで手に入れられたのですか?」

「この娘が、私に買い取って欲しいと言って持ってきたのです」

 源助の言葉に艶煙は香澄に目を向ける。

「あなたは、どちらで?」

「えっと……。それは父のものだったんです。何度かお金に換えようとしていたのを見ていたので、もしかしたら、価値のあるものなのかもしれないと思って。こちらの旦那様が画がお好きだと聞いて、買っていただけないかと思って持ってきたんです」

「なるほど」

 久馬が考えたらしい設定を香澄が口にすると、彼は深くうなずいた。

 香澄には彼が何をどうしようとしているのかはわからなかったが、画が変化したのが彼の策略であることは確信した。

 これが吉蔵の依頼、『浅田屋の主人をこらしめる』ための仕掛けなのだろう。

「彼女のお父上が手放せなかったのもわかります」

「どういうことでしょうか?」

 不安そうな源助に、艶煙は暗い声音で語る。

「この画に描かれている娘は、かつて奉公先の主人にひどい暴行を受けていたようです。嫁に行けぬ身体にされたというのに、主人は安い金でカタをつけた。その後もあまり幸せな生活を送れなかったようですな。そのせいで、この画は男にだけ祟るのです」

「な……」

 源助は言葉を詰まらせて、その場に立ちすくむ。それがまるで彼自身のことを語られているかのようだったからだろう。

 実際、彼を題材にしてでっちあげられた話なのだろうが。

「彼女のお父上が、生きている間には手放せなかったのもそのためでしょう。この画は持ち主が死ぬまで離れぬ、手放せば不幸に見舞われるような代物です」

「なんと……」

すっかり騙されている源助は、血の気の引いた顔で艶煙にすがる。

「これはどうすでばいいのでしょうか?」

「画が日に日に変わっていったということは……」

 艶煙は思案げに言葉を切り、ちらりと彼を見やった。

「ご主人。何か女性に恨まれるようなことはおありでしょうか?」

「い、いや、そんなことは、まさか……」

 しどろもどろになりながら否定する彼の額に玉のような汗がふきだす。自覚はあるようだ。

 うんうんと艶煙はうなずく。

「そうでしょうとも。浅田屋さんほどの大店のご主人が、まさか女性の恨みをかうようなことをなさるとも思えません。しかし、これは持ち主が女性に不実を働くようなことがあれば、呪います」

「の、呪う!?」

 さらりと口にされた言葉を繰り返した源助の声は裏返っていた。けれど艶煙はまったく意に介した様子なく続ける。

「はい。身を慎んでおられるご主人のような方でしたら、もちろんなんの心配もいりません。死ぬまでこの掛け軸を大事にすればよいだけのことです」

「こ、こんなものを、手元に置き続けなければいけないというのか!?」

 身を慎んでいない彼としては手元に置いておきたくはないだろう。

 怒鳴る源助に対して、艶煙は飄々と応じる。

「手放してもかまいませんが、その後のことは私には保証できません。この画の娘は、そうとう男を恨んでいるようですからな」

 源助は恐怖にか、それとも怒りにか、ぶるぶるとふるえた。

 掛け軸を手元に置いておけば若い娘に手をだせない。かといって手放せば不幸に見舞われるかもしれない。どちらをとっても彼にとっては不都合なのだ。

 突然源助が香澄をふり返った。

「なんというものを持ち込んでくれたんだ……!」

「わ、私は……」

 今にも殴りかかってきそうな勢いで踏みだした源助に香澄は後じさる。

「おまえのような娘は雇っていられない! この店から出ていけ!」

「喝ァッ!」

 源助の怒鳴り声と同時に、艶煙の声が響いた。

 源助だけでなく、香澄も驚いて息を呑んだ。

 艶煙は厳しい表情を浮かべ、固まってしまった源助に語りかける。

「おなごをしいたげてはなりません。ほら、ごらんなさい。掛け軸の娘が……」

 つい、と。彼の指先が掛け軸を差ししめす。

 全員の視線を女の姿に集めた彼は、厳しい表情を浮かべ、そしておごそかに、

「――目を光らせている」

 と、続けた。

「ひぃ……っ!」

 源助は腰を抜かしてその場にへたり込む。

 香澄も掛け軸の女の眼差しを見て悲鳴をあげそうになった。

 恨めしそうな目が、きらりと光ったのだ。

 からくりのある画だと知っている香澄さえ驚いたのだ。何も知らず、かつ心にやましいことのある源助の恐怖はいかばかりだろう。

 彼は掛け軸から目をそらし、両手を大きくふった。

「わかった! わかった、もうしない! この掛け軸も大事にする! だから堪忍しておくれ!」

 悲鳴じみた声で叫んだ彼を見て、多恵がわずかにほほえんでいるのに香澄は気づいた。

 もしかしたらこれは吉蔵ではなく、彼女からの依頼だったのかもしれない。

 そう気づいた香澄は、目を光らせる掛け軸よりも、生ける女のほうがよほど恐ろしいのではないかと思った。