吉原百菓ひとくちの夢


※本ページ内の文章は制作中のものです。実際の商品と一部異なる場合があります。


   【序 天明吉原徒然事(てんめいよしわらつれづれのこと)】



 春は花、花は桜木、桜といえば吉野が名所。

 しかし春ならずとも吉野ならずとも、見られる花が江戸にある。


 そこは江戸幕府が許可した花街(かがい)・吉原。

 言わずと知れた、遊女三千人がひしめく、江戸最大の歓楽街である。


 時は天明元年(一七八一)。将軍は十代徳川家治公の世であった。老中・田沼意次が権勢をほしいままとしている時代。

 外(と)つ国に目を向ければ、中国・清朝ではのちに中国最大と謳われる漢籍叢書の『四庫全書』が完成し、文化の爛熟を迎えた時代。一方、アメリカは独立戦争の真っただ中にあった、動乱の時代。


 しかしそんな時勢に関わることなく、人は生きていけるものだ。

 この男の場合も、例外ではない。

 未来の天下がどうなるかより、明日の天気を案じるような。そんな生き方しか知らない。

 歴史書に名を残すこともなければ、人の口に語り継がれることもない。

 滄海の一粟、大海の一滴――されど一寸の虫にも五分の魂。一途に懸命に、心を傾けて生きることを知っていた。


 ――美味しい!

 甘いものを口にして花のように笑った幸せそうな少女の顔を、大切に胸にしまった男は、そのとき心に決めたのだ。

 ――俺はこの先、一生ずっと、この笑顔のために菓子を作るんだ


 吉原の中で暮らすその男の名を、太佑(たすけ)という。