編集部ブログ

電撃文庫2月刊の新シリーズ『滅びの季節に《花》と獣は』作品紹介!

2018.02.02

みなさん、こんばんは!

電撃文庫2月刊の発売が待ち遠しい!

電撃小説大賞受賞作『タタの魔法使い』はもちろんのこと、

その他にも期待の新作が盛り沢山!

ということで、今回は2月10日発売のおすすめ新作

『滅びの季節に《花》と《獣》は 〈上〉』をご紹介です!

 

 

 

恋に堕ちたのは哀しき獣と聖女の心を持つ奴隷。

ひとつの嘘が、異形なる恋物語を紡ぎ出す。

著者/新 八角

イラスト/フライ

定価(本体650円+税)

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

【あらすじ】

 幾多の滅びを乗り越えて栄える花の街スラガヤ。そこで人は等しく奴隷として生き、奇蹟の操り手《大獣》に仕えることが定められていた。街にあだなす鋼の虫――《天子》との戦が続くある冬に、その恋物語は花開く。

 人間を貪り食うという伝承を持ち、人々に畏怖されながら郊外の廃墟に居を構える美しき大獣、《貪食の君》。

 全身に刻まれた《銀紋》によって幼い姿のまま成長が止まり、奴隷市場で売れ残った天真爛漫な少女、クロア。

 偶然と嘘から結ばれた二人の関係は、一つ屋根の下でぎこちなく、しかし確かな情愛をもって育まれていく。愛しき日々は、やがて戦場に奇蹟を起こし……。

 

フライ先生の美麗なイラストにも注目です!

 

そして〈下巻〉は4月10日に発売予定です!

壮大なる恋愛幻想奇譚をお楽しみに!

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

物語の舞台は、巨大な一つの花の中に生まれた街・スラガヤ。

《大獣》と呼ばれる奇蹟の体現者と、彼らに「奴隷」として仕える人間達が暮らしている。

そんなスラガヤで出会い、やがて恋に落ちた少女と《大獣》の物語です。

まずはどんなキャラクターがたちが登場するのか、イラストとともにご紹介!、

 

■クロア

奇蹟の力を起こす《銀紋》を全身に刻んだ少女奴隷の売れ残り。《銀紋》の影響で成長がとまり、姿格好は十二~三歳の姿のまま。天真爛漫な性格で、街のみんなから慕われている。

花や草木を咲かせる奇蹟を持つ。料理が得意で食いしん坊。

 

■《貪食の君》(どんしょくのきみ)

スラガヤ郊外の廃墟に居を構える《大獣》。人を貪り食う大蛇として恐れられるが、スラガヤを訪れる際はその正体を偽り、夜警の青年「ガファル」として活動している。変わり者の《大獣》。普段は冷静で物静かなタイプだが、クロアの健気さにほだされ気味。

 

■カリャン

街の権力者《一つ目の君》に仕える貴族にして、クロアの幼馴染み。クロアのことを姉妹のように慕っていて、クロアとは今でもしばしば街の中でお茶会を開いている。

 

■《赤泥の君》(せきでいのきみ)

農耕と司る《大獣》で、スラガヤの外で樹木で作った兵とともに農園を営んでいる。彼女一人で天子の軍勢を撃退するほどの実力を持つが、スラガヤの人間には非協力的。普段は「猫」の姿をしている。

 

■《仮初の君》(かりそめのきみ)

スラガヤに工房を構える《銀紋》の彫り師。《貪食の君》の数少ない友人の一人でもあり、しばしばクロアと《貪食の君》の仲を冷やかしている。

 

■ロー君

月桂樹の枝を素材に《赤泥の君》が創り出した蜥蜴。クロアの生み出す花や草木を気に入り、飼い主の《赤泥の君》よりもクロアに懐いてしまった模様。

 

滅びの近づく世界で、

純真な少女・クロアと、孤独な大獣《貪食の君》の恋路は

果たしてどんな運命を迎えるのか――!

  

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

そして今回は特別にモノクロイラストを紹介!

各章の冒頭にフライ先生の素敵な扉イラストが入っています!

 

 

 

ちょっとドキドキなシーンも――!?

滅び行く世界で繰り広げられる死と隣り合わせのドラマ

そしてその中で育まれていく《花》と《獣》の恋の行方に注目です!

 

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

 

そして最後に

『滅びの季節に《花》と《獣》は 〈上〉』

店舗特典情報です

 

【アニメイト様】

4つ折りSSペーパー

 

【メロンブックス様】

4Pリーフレット

 

ついニヤニヤしてしまうような

クロアと《貪食の君》のラブい日常が描かれた掌編です。

ぜひぜひ店頭でゲットしてください!

 

PAGE TOP