編集部ブログ

水野良推薦! 電撃文庫1月刊『ゼロの戦術師』を徹底紹介2!

2018.01.05

皆さん、明けましておめでとうございます。

電撃文庫編集部のわらふじです。

本年も電撃文庫を宜しくお願い申し上げます。

 

新年一発目となるわらふじからのお届けは、電撃文庫1月刊『ゼロの戦術師』の魅力を紹介しちゃいます!

今回も『ゼロの戦術師』を読む前の予習としまして、生まれつき《刻印(ルーン)》を持たない本作の主人公・エルヴィンが本作のキーワードである「戦術と戦略」を教えちゃいます☆

無邪気に学ぶネージュと一緒に、エルヴィン先生のやり取りも、ぜひお楽しみください!

メインキャラクターを紹介したブログはこちら!

 

 

「ねえ、エルくん」


「――なんだ、ネージュ」


「エルくんって戦術師なんだよね? 戦術師って戦術とか考える人だよね?」


「ん……まあ、そうだな。厳密に言うと、まだ軍学校戦術科の学生だけど……」


「でもさ、よく『戦略』って言葉も聞くよね。戦略家とかなんとか。それってどう違うの?」


「同じようなもんだよ」


「えーっ!?」


「権謀術数を巡らせ、奇策妙計をもって目標を達成するという意味ではな。だが、軍事的意味合いにおいて、両者は明確に区別されている」


「どんなふうに?」


「端的に言うと、視点の差かな。戦略はマクロで、戦術はミクロ」


「もっとわかる言葉で!」


「……つまりね。戦争をしている国なら、戦争に勝つためのあらゆること、政治、資金、資源なんかをすべて総合的に考えて、大局的ないし長期的に軍および国を運営していくための計画が戦略。で、戦略遂行のための細かい諸々の局地的な実践計画が戦術だ」


「……わかったような、わからないような」


「じゃあ、たとえ話をしよう。おまえが王都の甘味処へ行きたいとしよう」


「甘味処行きたい!」


「そのためには、ここからのルート選定や交通手段、資金などを綿密に計算する必要がある。これが戦略」


「なんかめんどくさい感じの人だ!」


「で、いつ行こうか、何を着ていこうか、何を食べようか、右手と左手のどちらでスプーンを持とうか、という実際の細かい部分を考えるのが戦術」


「さらにめんどくさい感じの人だ!」


「どう? わかった?」


「エルくんがものすごくめんどくさい感じの人だってことはわかった」


「突然の皮肉!」

「まあまあ、そう目くじらを立てなくてもー。そんな面倒くさい感じのエルくんも好きだよー」


「……さいですか。でも――やっぱり本質的には似たようなもんだよ。それにアスガルズ王立軍の場合、軍の最高責任者である王が特級戦術師と相談して戦略を決定するからいわゆる戦略家は存在しないし。結構曖昧な区分だから、それほど気にしなくていいよ」


「なるほどねー。で、甘味処の話をしていたら本当に甘味処へ行きたくなりました。なのでエルくん、ちょっと戦術立ててー」


「なんか俺、都合良く使われてる感半端ないネ!」

 

 

TVアニメ大好評の『グランクレスト戦記』の著者・水野良先生が推薦する本作が気になった方は、1月10日にぜひお手に取ってみてください!

 

 

伝承の少女と《ウィアド》の戦術師が出会い――

正統派戦記ファンタジーが登場!

ゼロの戦術師

著者/紺野天龍 イラスト/すみ兵
定価/(本体630円+税)

 

 

水野良推薦! 電撃文庫1月刊『ゼロの戦術師』を徹底紹介!

2017.12.28

皆さんこんばんは。

連日登場のわらふじです。

 

本日も電撃文庫1月刊注目の新作『ゼロの戦術師』の魅力をお届けしちゃいます!

 

今回は『ゼロの戦術師』を読む前の予習として、エルヴィンの幼なじみでもあり、王立軍学校・戦術科首席の少女アーデルハイトと、今回助手を務めるネージュが本作の世界情勢を教えちゃいます☆

メインキャラクターを紹介したブログはこちら!

 

「どうも初めましてこんにちは、アーデルハイト・プリンツアーダルベルトです」


 「助手のネージュ・シャルンホルストですー」


「本日は『ゼロの戦術師』をより楽しむための予習講座を開かせていただきます。しばしの間、お付き合いいただければ幸いです」


「よしなにー」


 「……コホン。では、早速。まず簡単な世界情勢から」


 「せかいじょーせー……すでに早速取っつきにくいね、アーデちゃん!」


 「大丈夫よ、それほど複雑ではないから。さて、この世界には、大きく分けて三つの勢力が存在します。まずは、四大大陸のうち最大のユースティティア大陸を二分する大国、アスガルズ王国とアンドヴァリ連邦共和国」


 「いわゆる《王国》と《連邦》だね!」


 「そう。私たちが住む大陸の西側を治めているのが《王国》で、反対の東側を治めているのが『連邦』ね。大陸中央部を分断するよう南北に走るヨルムンガンド山脈を国境としているわ。そして、《王国》と《連邦》は――五百年にも渡る長い戦争を続けている」


 「戦争がずっと続いている、っていうわりにはあまりドンパチやってる感じがないよね? というか、そもそも五百年も戦争が続くってどういう状態なの?」


 「……難しいところね。少なくとも和平協定が結ばれていない以上、状態として両国間は戦争中、ということになっているわ。ただ、資源や軍備の問題で両国ともかなり疲弊しているから、近年はほとんど冷戦構造みたいな感じかしら」


 「政治的駆け引き、ってやつだね。ところで、三つの勢力って言ってたけど、あと一つはどこ?」


 「あと一つは、南のフォルトゥナ大陸に総本山を持つクーア教ね。《教会》と呼ばれる組織により運営される世界最大の宗教勢力で、その信者数は全人口の三割にもなると言われているわ」


「三割ってすごい。国に関係なくいるってことだもんね?」


 「そう。《王国》にも《連邦》にもたくさんの信者がいる。クーア教は平和主義を掲げているので、下手に戦争を激しくしたら国内の信者を刺激しかねない。だから、クーア教自体が《王国》と《連邦》の戦争の抑止力として働いている、という向きもあるわね」


 「クーア教、すごい!」


 「そんなわけで、《王国》と《連邦》と《クーア教》という三すくみの均衡ができあがったというわけね。これが、ざっくりとした現在の世界情勢ね。どう? それほど難しくはなかったでしょう?」


 「うん! アーデちゃんの説明のおかげでとてもよくわかったよ!」


 「少しでも、理解の助けになったのであれば嬉しいわ。それでは、今回はここまで。また次回お会いしましょう」


 「またねー」

 

 

気になった方は、ぜひ1月に発売となる『ゼロの戦術師』をチェック!

 

 

伝承の少女と《ウィアド》の戦術師が出会い――

正統派戦記ファンタジーが登場!

ゼロの戦術師

著者/紺野天龍 イラスト/すみ兵
定価/(本体630円+税)

電撃文庫1月刊『ゼロの戦術師』を紹介!

2017.12.27

皆さんこんばんは。

またまた登場します電撃文庫編集部のわらふじです。

 

昨日より引き続き、1月刊注目作『ゼロの戦術師』を紹介しちゃいます!

 

まだまだベールに包まれている本作ですが、本日は物語を彩るメインキャラクターたちを、すみ兵さんの美麗なイラストと共に初公開!

 

さらには各キャラクターの紹介とともに、すみ兵さんのコメントが到着! 

どんな所にこだわりを持って描いたのか、制作の裏側を特別に教えちゃいます☆

 

エルヴィン・ケーニヒヴィルヘルム

 王立軍学校・戦術科に在籍する十五歳の少年。

 ひねくれた性格だが、意外と根は真面目。

 特級戦術師という偉大な父を持つ半面、生まれつき刻印《ルーン》を持たない《ウィアド》という特異体質のため周囲からは《ゼロ》と蔑まれている。

 アーデルハイトとは幼なじみで、うっとうしいと感じながらも憎からず思っている。

 

【すみ兵さんコメント】

最初はもっとおぼっちゃんみたいなラフ案でしたが
無造作ヘアーになりました。あえて弱そうに描くのが楽しいキャラです。

 

アーデルハイト・プリンツアーダルベルト

 王立軍学校・戦術科首席の少女。十五歳。

 刻印《ルーン》を二つ持つ才色兼備の人気者。

 幼なじみのエルヴィンとともに特級戦術師になる、という夢を抱いて勉学に勤しんでいるがままならない現実に密かな焦りを覚え始めている。

 とかくエルヴィンの世話を焼きたがるお姉さん気質だが、最近疎遠になりつつあって寂しく思っている。

 

【すみ兵さんコメント】

しっかり者の幼馴染金髪碧眼ヒロイン。
戦闘も戦術に必要なサポートもこなせる有能キャラですよ。
おっぱいあるけど大きすぎないというこだわりも良いです。

 

ネージュ・シャルンホルスト

 辺境の地、ニヴルヘイムに住む白い少女。

 十六歳とエルヴィンたちより年上だが、小柄で童顔なことからとてもそうは見えない。

 明るく朗らかで誰とでも仲良くなれるという天性の才能を持つ、ある意味エルヴィンとは真逆の存在。

 よく言えば天真爛漫。悪く言えば世間知らず。

 曰く、伝説の聖女の生まれ変わりの可能性があるらしいが……

 

【すみ兵さんコメント】

見た目ふわふわで神秘的なヒロインという設定ですが
ギャップのあるおしゃべりで表情豊かなキャラなので楽しいです。

 

気になった方は、ぜひ1月に発売となる『ゼロの戦術師』をチェック!

 

 

伝承の少女と《ウィアド》の戦術師が出会い――

正統派戦記ファンタジーが登場!

ゼロの戦術師

著者/紺野天龍 イラスト/すみ兵
定価/(本体630円+税)

電撃文庫1月刊『ゼロの戦術師』に注目!

2017.12.26

皆さんこんばんは。

電撃文庫編集部のわらふじです。

 

いよいよ2017年も残すところあと1週間です。

わらふじから年末のホットなニュースとして、来月電撃文庫から発売される

『ゼロの戦術師』(著/紺野天龍、イラスト/すみ兵)

を紹介!

 

 

伝承の少女と《ウィアド》の戦術師が出会い――

正統派戦記ファンタジーが登場!

ゼロの戦術師

著者/紺野天龍 イラスト/すみ兵
定価/(本体630円+税)

 


あらすじ

—————————————————————————————————-

 突然人類に発現した異能の力《刻印(ルーン)》によって、才能の優劣が決まる世界。
 特級戦術師という偉大な父の血を引きながらも、生まれつき《ウィアド(能なし)》のエルヴィンは、軍学校の落ちこぼれ生徒。そんな彼がある日、十年に一人と言われる特殊な才能を持つ幼なじみのアーデルハイトと共に極秘任務に就くことになり、旅先で新雪のように輝く白い髪をもつ不思議な少女ネージュと出会う。
 この二人の出会いが世界の歯車を動かし、戦乱の世に変革をもたらすことになろうとは、誰も予想していなかった――。

「エルくんは何の才能にも縛られない、スーパー自由人ってことだね」
 数奇な巡り合わせから新たな歴史を刻んでいく少年少女たちを描く、魅惑の正統派戦記ファンタジー、開幕!

—————————————————————————————————-

 

二つの大国が争う世界。数奇な巡り合わせから出逢ってしまった、世間知らずの少女・ネージュと才能ゼロの落ちこぼれ生徒・エルヴィン

後にこの出会いは、新たな歴史の幕開けとなり――

本作はなんと言っても、来年1月からTVアニメが放送される

『グランクレスト戦記』の著者・水野良先生が推薦する作品!

 

そして!

イラストには『東京レイヴンズ』など人気作品のイラストを手がけ、ゲームのキャラクターデザインなどでも「活躍する、大人気イラストレーターすみ兵さんが担当!!

ぜひ、その美麗なイラストにも注目ください!

 

わらふじ大注目の1月刊『ゼロの戦術師』をぜひ手に取ってみてください!

『幼馴染の山吹さん』の特別掌編を電撃文庫MAGAZINE Vol.59にて掲載!

2017.12.21

皆さんこんばんは。

電撃文庫編集部のわらふじです。

 

今年も残すところ、あとわずかです……!

皆さん、やり残したことはありませんか?

ちなみに私は……あります!!!!!!!!!

皆さんにある大事なことを伝えておりませんでした……!

 

それは――

 

10月に電撃文庫より発売されて以降、各所で話題を呼んでいる

『幼馴染の山吹さん』

の特別掌編が12月9日に発売した電撃文庫MAGAZINE Vol.59にて掲載しています!!

 

 

掌編の内容は高校生となった主人公・青葉喜一郎がヒロイン・山吹灯里と再会したお話。

読書メーター「読みたい本ランキング」ライトノベル部門第1位(2017年10月11日付)、

読書メーター「週間おすすめランキング情報 Vol.252」ライトノベル部門第2位(2017年10月23日付)

を取った話題の新作『幼馴染の山吹さん』の文庫と合わせて掌編をお楽しみください☆

 

 

電撃文庫『幼馴染の山吹さん』好評発売中!

 

桜の木の精霊にかけられた呪いとは!?
僕と山吹さんの青春ミッションスタート!

幼馴染の山吹さん

著者/道草よもぎ イラスト/かにビーム

定価/(本体630円+税)

 

特設サイトはこちらをチェック!

PAGE TOP