エッセイ

エッセイ「電撃的 春夏秋冬」第22回

『杉井光と1月の餅つき』
杉井 光

【著者プロフィール】『火目の巫女』で第21回電撃小説大賞<銀賞>を受賞し、同作にて電撃文庫からデビュー。代表作に『神様のメモ帳』『さよならピアノソナタ』など。最新刊『夜桜ヴァンパネルラ2』は今月発売!

 つきたての餅というのはそれはもう美味なものです。いつぞやの正月、仲間内数人で集まって餅つき大会をしたことがありました。「餅で痩せる」という情報が入ったためです。曰く、餅はカロリーが低く、切り餅二つ分でご飯一膳分にも満たない上に、粘り気が多くて腹持ちがいいのでダイエットに最適! 合わせる具材も大根おろしに納豆に海苔とヘルシー食材ばかり、おまけに餅つきはかなりの重労働なのでカロリー摂取もチャラ! そろそろ腹の肉が気になり始めていた我々は欣喜雀躍しました。食えば食うほど痩せる! さっそく杵と臼をレンタルし、餅米を20kg炊き、残らず搗いて残らず平らげました。素晴らしい腹持ちの良さで、翌朝は布団から起き上がることもできませんでしたのでしかたなくピザの出前を頼みました。正月明けに体重を量ったら5kgくらい増えていました。餅では痩せません。みなさんも怪しげなダイエット情報にだまされないように注意してください。

NEXT

来月は第22回電撃小説大賞<大賞>受賞作品『ただ、それだけで良かったんです。』の著者・松村涼哉先生が登場!

※画像を無断転載することは一切禁止します。

PAGE TOP