新作紹介

電撃文庫

エルフ嫁と始める異世界領主生活 ―俺の住む島に異世界が来ちゃったんだが―

  • 著者/鷲宮だいじん
  • イラスト/Nardack
  • 定価/(本体590円+税)
  • 2016年1月9日発売
  • ISBN 978-4-04-865582-8

嫁になったのはエルフ美少女!?
異世界転移から始まる異世界⇒日常ファンタジー!

 東京都の南の果てにある、俺の住む離島――の端っこに、異世界の一部が半島まるごとやってきた!? しかも領主の娘さんなエルフ美少女が、俺の嫁になった……って、何を言ってるのかわからないと思うが、俺にもわからないぜ!  しかし、いざ領主になってみれば、土地は疲弊し住んでる人は難民寸前。食料問題から衛生管理まで、問題山積みの異世界領。あまりの事態に村も、都も、政府だって動けない。それなら、俺が何とかするしかない……のか!? と、とりあえず炊き出しだ! 手持ちの技術で異世界を救え! 異世界⇒日常ファンタジー!

エルフ嫁と始める異世界領主生活 ―俺の住む島に異世界が来ちゃったんだが―

  • カートに入れる
  • 立ち読みする

電撃文庫

エルフ嫁と始める異世界領主生活 ―俺の住む島に異世界が来ちゃったんだが―

嫁になったのはエルフ美少女!? 異世界転移から始まる異世界⇒日常ファンタジー!

東京都の南の果てにある、俺の住む離島――の端っこに、異世界の一部が半島まるごとやってきた!? しかも領主の娘さんなエルフ美少女が、俺の嫁になった……って、何を言ってるのかわからないと思うが、俺にもわからないぜ! しかし、いざ領主になってみれば、土地は疲弊し住んでる人は難民寸前。食料問題から衛生管理まで、問題山積みの異世界領。あまりの事態に村も、都も、政府だって動けない。それなら、俺が何とかするしかない……のか!? と、とりあえず炊き出しだ! 手持ちの技術で異世界を救え! 異世界⇒日常ファンタジー!

購入のご案内

現在下記のサイトからご購入いただけます

  • Amazonで購入する
閉じる

作品紹介

●キャラクター

  • アクセリア・ウル・リリガルド

    アクセリア・ウル・リリガルド

    ユウタ様。わたくし、ユウタ様のために一生懸命尽くします。どうか………可愛がってください!

    ユングリング(リリガルド領)の領主の娘にして、いきなり由太の嫁になっちゃったエルフ美少女。純粋培養で素直過ぎかも?

  • 漆原由太(うるしばらゆうた)

    漆原由太(うるしばらゆうた)

    魔法にエルフか。まあたしかに悪くないかもな……。異世界なら、俺だって――

    青根島村に住むごく普通の高校生。お父さんが公務員だったせいで、島じゅうに雑用を頼まれてしまう苦労体質。

  • 和栗三咲(わぐりみさき)

    和栗三咲(わぐりみさき)

    へへっ! コスプレイヤーの言葉に二言はないね!

    由太の幼馴染み。スポーツ美少女と見せかけて、中身はオタクのコスプレガール。得意技は料理で胃袋をつかむこと。

  • 和栗百花(わぐりももか)

    和栗百花(わぐりももか)

    でもな、ユウ。困ったことがあったらすぐに言うんだぞ。

    こう見えて御歳二十四歳の合法ロリ姉さん。青根島村の職員。見た目はおとなしいが中身はヤンキーだったりして、世の中複雑。

  • イグザリア・ウル・リリガルド

    イグザリア・ウル・リリガルド

    実はこのリリガルドは、迫害から逃れてきた者たちの集落なのです。

    アクセリアの母にしてリリガルド領主。生命を賭した禁呪で、ユングリングを転移させた張本人な、おっとりほんわかお母さん。

  • ベルベリンデ・エル・クロス

    ベルベリンデ・エル・クロス

    お任せ下さい姫様。このベルベリンデ、殲滅戦も包囲戦も掃討戦も得意ですので。

    アクセリアの従者であるアレゲな女騎士。口では「くっ……殺せ!」とか言いつつ殺しても死ななそうな勢い。物理で無双します。

  • 烏森美羽(うもりみう)

    烏森美羽(うもりみう)

    あなたには地方公務員として、異世界地域の領主になっていただきたいのです。

    ユングリングの転移を受けて派遣されてきたエリート官僚……の卵。しかしこの人、どうやら重度の天然さんお姉さんのようで……?

●キーワード

◆ユングリング<異世界>
突如この世界に出現した、異世界……の一部。剣と魔法が支配する世界で、エルフやドワーフの血を引く人々を始めとして苛烈な迫害もあった……らしい。そのせいで、相当切羽詰まった状況でこちらの世界に転移してきた。

 

◆青根島村(東京都)
東京都は小笠原諸島の端っこにある、割と忘れられがちな島。総島民数わずか二百人足らずで、なんと地図にも載せ忘れられることがあるというので油断できない。本土までは船で片道二十四時間以上かかります。


スコアGET!!

SPECIAL スペシャルリンク

PAGE TOP