新作紹介

電撃文庫

Fate/strange Fake(1)

  • 著者/成田良悟
  • イラスト/森井しづき
  • 原作/TYPE-MOON
  • 定価/(本体570円+税)
  • 2015年1月10日発売
  • ISBN 978-4-04-869168-0

その聖杯は、偽りから真実へと至る――
電撃文庫×TYPE-MOONでおくる「Fate」新章、遂に本格始動!

 あらゆる願いを叶える願望機「聖杯」を求め、魔術師たちが英霊を召喚して競い合う争奪戦――聖杯戦争。
 日本の地で行われた第五次聖杯戦争の終結から数年、米国西部スノーフィールドの地において次なる戦いが顕現する。
 ――それは偽りだらけの聖杯戦争。
 偽りの台座に集まった魔術師と英霊達。
 これが偽りの聖杯戦争であると知りながら――彼らはそれでも、台座の上で踊り続ける。
 真偽などは彼岸の彼方。
 聖杯ではなく――他でもない、彼ら自身の信念を通すために。
 そしてその時、器に満ちるのは偽りか、真実か、それとも――。
 成田良悟と奈須きのこがタッグを組み、イラスト・森井しづきが彩る『Fate』の新プロジェクトが遂に本格始動!!

Fate/strange Fake(1)

  • カートに入れる
  • 立ち読みする

電撃文庫

Fate/strange Fake(1)

その聖杯は、偽りから真実へと至る―― 電撃文庫×TYPE-MOONでおくる「Fate」新章、遂に本格始動!

あらゆる願いを叶える願望機「聖杯」を求め、魔術師たちが英霊を召喚して競い合う争奪戦──聖杯戦争。 日本の地で行われた第五次聖杯戦争の終結から数年、米国西部スノーフィールドの地において次なる戦いが顕現する。 ──それは偽りだらけの聖杯戦争。 偽りの台座に集まった魔術師と英霊達。 これが偽りの聖杯戦争であると知りながら──彼らはそれでも、台座の上で踊り続ける。 真偽などは彼岸の彼方。 聖杯ではなく──他でもない、彼ら自身の信念を通すために。 そしてその時、器に満ちるのは偽りか、真実か、それとも──。 成田良悟と奈須きのこがタッグを組み、イラスト・森井しづきが彩る『Fate』の新プロジェクトが遂に本格始動!!

購入のご案内

現在下記のサイトからご購入いただけます

  • Amazonで購入する
閉じる

スペシャル動画公開中!!

【[Fate/strange Fake]とは?】

『Fate』原作シナリオ担当・奈須きのこ氏の友人である成田良悟が、【エイプリルフール】企画としてHPページ上に掲載した作品が発端。その後の大きな反響もあり、同作についてTYPE-MOONおよび奈須きのこ氏とともに壮大な構想を練り、大幅加筆修正されて本格的に始動するプロジェクトが『Fate/strange Fake』だ。

【キーワード】

聖杯戦争

 その闘争において、聖杯と呼ばれる奇跡は、『あらゆる願いを叶える願望機』として顕現すると言われていた。
 言われていた、というのは、その聖杯を奪い合う戦いが開始された時点では、『聖杯』と呼ばれる願望機は存在していなかったからだ。

 聖杯よりも先に顕現するのは、七つの『魂』。
 この星の上で生まれ息吹いたあらゆる歴史、伝承、呪い、虚構――ありとあらゆる媒体の中より選ばれた『英雄』の魂を、『サーヴァント』と呼ばれる存在として現代の世に顕現させる。
 それが『聖杯戦争』の根幹であり、聖杯の顕現に必要とされる絶対条件でもあった。
 人間とは比べものにならないほどに強力な魂同士を呼び出し、互いに潰し合わせる。
 それぞれの英雄の召喚者となった『マスター』と呼ばれる魔術師達が、ただ一人に許される聖杯取得の権利を巡って殺し合う。その闘争こそが『聖杯戦争』と呼ばれるものだ。

 殺し合いによって破れた魂を聖杯となる器へと注ぎ、それが満たされることによって初めて願望機が完成するというシステム。
 恐らく、その舞台は世界一危険な蟲毒壺となったことだろう。
 本来世界から己の存在を秘匿しなければならぬ魔術師達が、ひっそりと闇を闊歩し、人知れず戦乱の火蓋を切る。
 さらに、『聖杯』と名のつく存在を監査するという目的で『教会』から派遣された監督者も加わり、蟲毒壺は血生臭い輝きを見せながら。圧倒的な熱量の魂によって清められるのだ。

([Fate/strange Fake]本文より

【キャラクター紹介】

  • (1)バーサーカー

    イミテーションのナイフを魔術媒介として召喚され、フラットと契約したサーヴァント。英国のとある大衆的伝説に由来し、姿形を自在に変える性質を持つ。

  • (2)フラット・エスカルドス

    「時計塔」で魔術を学ぶ生徒。類まれなる魔術回路とそれを制御する才能、そして魔術師らしからぬ気性の緩さを併せ持つ問題児。時計塔の伝説的教師ロード・エルロメイ?世に師事する。

  • (3)アサシン

    一八の奇跡をその身に宿す狂信者のサーヴァント。暗殺者の集団たる教団の中にあってさえ「異端」と畏れられていた。聖杯そのものを無へ帰することを目的として聖杯戦争を戦う。

  • (4)ジェスター・カルトゥーレ

    スノーフィールド東部別荘の地下を工房として構える魔術師で、アサシンを召喚したマスター。

  • (5)ティーネ・チェルク

    スノーフィールドの原住部族の娘。地元の土地を蹂躙する魔術師たちを一掃するために、黄金のサーヴァント・ギルガメッシュと契約を結び聖杯戦争に臨む。

  • (6)アーチャー

    最強の宝具を所持し、圧倒的な戦闘力を誇るサーヴァント。その正体は人類最古の英霊である英雄王ギルガメッシュ。第四次、第五次に引き続き、偽りの聖杯戦争でも顕現した。

  • (7)ランサー

    逃亡中の魔術被験体の叫び声によって顕現したサーヴァント。男とも女ともつかない流麗な容姿だが、その正体はギルガメッシュの盟友にして神の生み出した泥人形・エルキドゥである。

  • (8)オーランド・リーヴ

    スノーフィールドの警察署長でありながら、街全体に監視網を敷きつつ偽りの聖杯戦争に参戦する魔術師。人間の手で英霊達を打ち倒すという偉業を果たさんとする。

  • (9)キャスター

    警察署長オーランドによって召喚されたサーヴァント。女好きの道楽者で戦闘能力は皆無だが、「原典を超える宝具を新たに生み出す」というスキルを所持する。

  • (10)ファルデウス

    魔術協会を挑発し、偽りの聖杯戦争の開始を宣伝した魔術師の男性。偽りの聖杯戦争の行方を影から観測している。

  • (11)???

    警察署長オーランドの前に現れた謎のゴスロリ風の少女。聖杯戦争のシステムに精通しているようだがその正体は――。

  • (12)繰丘 椿

    スノーフィールドの病院で眠り続ける少女。増幅された魔術回路を持ち、無意識ながらも令呪を発現させた。魔力よって生み出された夢の空間を一人彷徨い歩き続けている。

  • (13)ライダー

    椿が彷徨う空間に現れた謎の黒い霧のような塊。椿をマスターと認め、椿が想い願う光景を投影するために現実世界で力をふるう。

SPECIAL スペシャルリンク

PAGE TOP