新作紹介

電撃文庫

終わる世界の片隅で、また君に恋をする

  • 著者/五十嵐雄策
  • イラスト/ぶーた
  • 定価/(本体630円+税)
  • 2017年5月10日発売
  • ISBN 978-4-04-892903-5

全ての人々の記憶が消えていくこの世界で僕は、君との最後の夏を過ごす――。
五十嵐雄策最新刊登場!

 それは、いつからだったろう。
 この世界に奇妙な現象が起こり始めた。人が、その名前も、周囲の人たちとの関係も、そしてその存在すらも、全てを忘れ去られてしまう。忘れられて、誰の記憶からも消えてしまうのだ――。

――忘却病。

 いつしかその現象は、そんな名前で呼ばれるようになった。全ての人が全ての人を忘れたとき、それが世界の終わりになるのだろうか……。それに抗うかのように、僕は保健室登校の桜良先輩と、忘却病に罹った人の最後の望みを叶える『忘却病相談部』を始めることになったのだが――。

終わる世界の片隅で、また君に恋をする

  • カートに入れる
  • 立ち読みする

電撃文庫

終わる世界の片隅で、また君に恋をする

全ての人々の記憶が消えていくこの世界で僕は、君との最後の夏を過ごす――。

それは、いつからだったろう。この世界に奇妙な現象が起こり始めた。人が、その名前も、周囲の人たちとの関係も、そしてその存在すらも、全てを忘れ去られてしまう。忘れられて、誰の記憶からも消えてしまうのだ――。 ――忘却病。 いつしかその現象は、そんな名前で呼ばれるようになった。全ての人が全ての人を忘れたとき、それが世界の終わりになるのだろうか……。それに抗うかのように、僕は保健室登校の桜良先輩と、忘却病に罹った人の最後の望みを叶える『忘却病相談部』を始めることになったのだが――。

購入のご案内

現在下記のサイトからご購入いただけます

  • Amazonで購入する
閉じる

CHARACTER

  • 桜良先輩

    桜良先輩

    どうしてか保健室登校をしている生徒で、『忘却病相談部』の主。

  • アキ

    アキ

    『忘却病相談部』の部長として、忘却病に冒された生徒の最期の頼みを叶える便利屋をしている。

  • 日比野麻衣

    日比野麻衣

    アキの幼稚園の頃からの幼なじみ。明るい性格でだれにでもフレンドリーに接するクラスの人気者。

COVER STORY


 忘れられる、というのはどういうことだろう。
 記憶から消えること、記録から消えること、人々の間の共通認識から消えること。
 その解釈はいくらでもあると思う。
 でも、本当のところはどうなのだろう。
 本当の意味で忘れられるということは、その人に対する想いや気持ち、感情などが全て消えてしまうことを言うんじゃないかと思う。
 月並みな言葉だけど、だれかの心に想いが残っている以上、その人は本当の意味では忘れられたとは言えないんじゃないか。そう思ったりもする。
 だからこそ。
 彼女は、その選択をしたのだろう。
 たとえ記憶が消えても、想いが残ってくれることを期待して。
 星を見ていると、どうしてか胸が締めつけられるように苦しくなる時がある。
 どうしようもなく辛くて、いてもたってもいられない時がある。

『星の光はね、何万年も昔の、過去の光なんだよ。だから私は星が好き。忘れられた後も、思わぬ時に光を届けてくれるから。まるで、遅れてきた想いみたいに』

 そう言ったのはだれだっただろう。
 きっとその答えを探すためにも、僕は今日も夜空を見上げるのだ。
 そこにあるはずの、輝く六つの蒼い星を求めて。

 これは、喪われた物語。
 全てをなくしたところから始まる、僕の追憶の物語、だ。

スコアGET!!

SPECIAL スペシャルリンク

  • 電撃25周年公式サイト
  • エロマンガ先生 TVアニメ公式サイト
  • ゼロから始める魔法の書 TVアニメ公式サイト

PAGE TOP