新作紹介

電撃文庫

ユメ視る猫とカノジョの行方

一匹の猫との不思議なラヴ・ストーリー。

オレと彼女は、同じベッドの中で会話を交わす。 「愛情とは、そうね。相手の身体に触れたい、と思うことかしら。短く言えば接触ね」 しかし彼女は喋る猫であって、人間ではない。 「人は身体だけじゃない。相手の全てを理解するためには、心を理解しなければ」 いや、猫でもない。なぜなら人にもなれるからだ。 「心を理解するためには言葉を使わなければならない。だけど言葉とは不完全で、ときに矛盾すら引き起こす」 そして、そいつはオレを必要とした。 「本当の理解。試してみない?私たちで」一匹の猫との不思議なラヴ・ストーリーがはじまった―。

PAGE TOP