ストーリー 新たなる大陸を巡り、国も人も沸き立つ時代。黄金郷へ続くと思われる新大陸へ入植したスピネイア王国は、森で暮らす部族と激しい戦いを繰り広げていた。
 スピネイア王国で禁制の陰陽術を研究する青年ディエゴは、謎の娘にその能力の出所を疑われ襲撃を受けることに。何とか危機を退けたディエゴだったが、神聖教会に研究の事実がばれ、腐れ縁のアルバロと共に新大陸への遠征軍の船に乗ることになってしまう。
 やっとたどり着いた先で彼を待ち受けていたのは、軍によって水牢に繋がれた少女レラ。そして自宅を襲撃してきた娘、森の巨神・タンカムイに駆るローゼンであった──。
キャラクター ディエゴ スピネイア王国の港町カルディスで、禁制の陰陽術を研究をしている青年。神聖教会に目を付けられぬように注意しているが、その目的とは一体……。 アルバロ ディエゴの友人で、港で様々な仕事をしている、お調子者だが気の良い青年。新大陸遠征軍の船にディエゴを誘い、一度は断られるが、一緒に旅立つことに。 ローゼン スピネイア王国で隠密活動していた森の民の娘。ディエゴの陰陽術が自分達の秘術と似ていることから、探りを入れてくる。大地の巨神を操ることができる。 レラ ディエゴが新大陸の地下牢で出会った少女。体に水を纏わり付かせ、棺のような状態だった。ローゼンと似た服装をしており、何か関係がある様子だが?
巨神紹介 大地の巨神 水の巨神
著者から新作へのコメントが到着! 大航海時代には、地球は球体であることが博物学的見地から論じられていました。ですが宇宙の姿や古典物理の知識が皆無の時代に、海の果て目指して進むことはとても恐ろしいことだったでしょう。この物語は、激動の時代に、不安を希望と情熱で乗り越えて新天地を目指した男達と、時代を生き抜くために戦う女達が出会う、新しい世界と時代のお話です。街中でアルバイトしてる魔王のお話ばかり書いてる和ヶ原が海と神秘と冒険の世界に漕ぎ出すのもまさに新天地への冒険!
 是非、お楽しみくださいませ!