書誌情報&購入先はこちら試し読みはこちら
STORY 邪神カダッシュをこの世に降臨させ、全土統一をもくろんだランドール王国。しかしその野望は達成寸前で六人の英雄によって阻まれた。
 戦後、現状を探るべくランドールに赴いた英雄の一人<竜戦士>ギュネイ。そこで彼が目にしたのは、戦勝国による容赦ない略奪、狼藉や身勝手な戦後処理によって荒廃する国土と苦しむ民衆の姿だった。
 見かねて手助けしてしまったギュネイは、うっかり救世主、<黒狼の騎士>として名を馳せてしまう。意外としたたかなランドールの姫や、かつて刃を交えた仇敵と正体を隠しながら共闘するのも一苦労、そして対する敵は以前は肩を並べて戦った戦友で?
 英雄による邪神王国復興物語、開幕!
CHARACTER ギュネイ ディドー ミネルバ リーリン クルス ジル
KEYWORD 邪神カダッシュ かつて大陸を支配していたミルド人が崇めていた邪神。ランドール王国の大司教がその降臨をもくろみ『この世にもっとも近づいた神』とまで言われたが、六英雄によって阻止された。ランドール王国 カダッシュを崇めていた邪神王国。邪神が討たれた後、王都のバン=シィは戦勝国の占領下におかれ、また国内全土は荒廃の一途を辿っている。六英雄 大陸支配を目前のランドール王国の脅威に対して立ち上がり、周辺諸国の反転攻勢のきっかけをつくって、ついには邪神討伐を果たした六人の英傑。すなわち、<運命の勇士>アレフ <竜戦士>ギュネイ <最後の聖堂騎士>ジューザ <純潔の聖女>エリシス <賢者>ケイオロス <星落としの射手>アー・シェ ガイフレイム ギュネイが着ている魔法の鎧。普段は腕輪の形状をしているが、ギュネイの意志により瞬時にして鎧となり、その形状を変化させることもできる。また着用時は死者の姿を見、その声をきくことができるようになる。
POINT 主人公ギュネイのここが大変なんだよ!ポイントその1! これって助太刀していいの!?絶対悪だと思って決死の思いで倒した邪神……だけどそのお膝元の国の民衆は普通にいい人たちで、戦勝国による無法な振る舞いに虐げられてて、助けたいけどやっぱり邪神王国なわけで……いったいどうしたら!?その2! 身バレ厳禁!全身甲冑のおかげで正体はすぐにはばれないけど、リスクは常にあるわけで。邪神王国の姫や、かつて幾たびも刃を交えた騎士を目の前にひやひやの毎日!その3! 昨日の友は今日の敵!邪神王国に復興の兆しあり、ということで攻め寄せてくるのは、やはりというか、かつて邪神討伐のため肩を並べてともに戦った騎士。「話せばわかる」「問答無用」的な展開にどうするギュネイ!?
書誌情報&購入先はこちら試し読みはこちら