【序幕】 独白

 かわいい洋服で着飾ること。
 かわいいとたたえられること。
 かわいいと褒められること。
 物心ついたころから、それが大好きだった。誰も不幸にならないから。
 けれど家には誰もいない。共感してくれる母親もいなければ、導いてくれる父親もいない。およそ『家庭』と呼べるものはなく、対照的に自由な時間が多かった。
 かわいいと褒められたい。
 けれど、周りからは褒められない。
 現実にあふれる自己承認欲求とジレンマ。
 そこから逃れるように辿たどり着いたのはインターネットの世界だった。
 憧れの人がいたわけでもない。理想像があったわけでもない。
 目的地なんてはじめからない。ただ、見てくれる人が欲しかった。
 受け入れてくれる人の存在を、本能が求めていた。
 かわいいと承認されようとしていた自分は、年齢を重ねるごとに異端扱いされ、排斥されていく。そんな自分の逃げ場として、インターネットは最適な場所だった。多様性を認め、孤独を埋めてくれる温かい場所。誰にもとがめられない自由な空間。
 現実のくうげきを埋めてくれるインターネットには新しい世界が広がっていて、時間がつごとに居場所を求める人は徐々に増えていった。そばにいなくても、人と人とがつながれる場所。
 そこに身を置くことで、現実では得られない多幸感を得られた。
 なのに──どうしてだろう。
 いつしか賞賛の海は巨大なおりとなって、気づけば足をすくわれている。
 人間の感情を具象化した歯車があるとするならば、きっと、どこかでけ違え、狂ってしまったのだと思う。そのきしみに気づけなかった自分が愚かだった。それだけなのかもしれない。
 ようやく作り上げた箱庭は、善意の皮をかぶった悪意に踏み荒らされてしまった。
 自分の居場所は、どこにあるのだろう。
 それを守れるすべはどこにあるのだろう。
 クリックひとつでなんでもそろい、ボタンひとつで他人を評価し、言葉ひとつで世界とつながり、表情ひとつ変えずに他人をおとしめる。ゆがんだ愛情を一方的に投げかけて、それが受け入れられるものと疑わずに、かなわぬものと知った途端に手のひらを返してえんの声を吐く。
 ああ、誰か──。
 誰か、助けてくれ。