こわれたせかいの むこうがわ ~少女たちのディストピア生存術~

序章 閉じた世界

「いいか、夜になるまで絶対に動くな」
 男の声が地平に響いた。
 ……地平。
 渺茫たる地平。
 乾いた赤い土。礫と砂。山は東に遠く、西には横一文字の地平線。
 緑が死んだこの地に、人間が十人。時が止まったかのように立っている。
 大人の男が五人、大人の女が四人、そして少女が一人。
 動かない十人はまるでボードゲームの駒のようだった。五メートルほどの間隔を空けて列をなし、彼らは大地に釘づけにされていた。
 その中の一人、少女の名はフウという。
 フウは外套を纏い、フードの陰からじっと前を見ていた。私は石だと自分に言い聞かせ、呼吸を殺して乾いた風に耐えている。
 西には茜色の空と褐色の大地が水平線に隔てられている。そこに、太陽が沈みつつあった。夜だ。ただ夜が来るのを待てばいい。
「あと一時間で日は落ちる。そうすればチアゲハは動きが鈍くなる」
 先頭の男はこちらを振り返って激を飛ばした。
「絶対に動くな。俺達が歩けば奴らも移動している。歩行の振動に反応してやがるんだ」
 背の高い男だった。精悍な顔立ちと雄々しい体躯。外套からは荒々しい筋肉が見えている。恐らく相当鍛え込んでいるその身体。
 彼は言葉を放った三秒後に死んだ。
 それは、一瞬の出来事だった。彼の身体は地面から出現した巨大な口に呑み込まれた。
「う、うああぁ!」
 それは鳥のくちばしのように先細った口で、間からナイフのように鋭い牙が胸に突き刺さっているのが見える。口からはみ出た男の上半身が砂に引きずり込まれていく。
「いやだ、死にたくない!」
 男は声を上ずらせながら砂の中に消えていった。しばらくして「こつ、こつ、こつ」と骨が噛み砕かれる音が地面の中から聞こえてくる。
 数秒後、そこから赤い砂が噴水のように吹き上がった。風に乗って仄かに鉄の臭いがフウの鼻腔をつく。
「え? 死んだの?」
 フウの目の前にいた女性が小さく呟いた。背は低く、年齢はフウに一番近い。
「ねぇ、死んじゃったの!?」
 女は声を荒げた。途端、フウは足元に微弱な振動を感じた。地中を何かが移動している。目の前で彼女の足元が二つに割れた。楔形の歯が生え揃った嘴。それが左右分かれ、その身体を挟み込む。
「ぎ――」
 短い悲鳴が上がったかと思うと、血が数滴フウの頬にかかる。女の身体は完全に口の中に呑み込まれていた。恐らく即死だろう。化け物の口が砂の中に消えていく。数秒後、赤い砂が高々と上がった。強い血の臭いがフウの顔にかかる。静寂が戻ると、フウは己の鼓動の音を聞いた。耳を澄ませると、地面の下から「コツ、コツ」と骨が砕かれる音が聞こえてくる。
 一同の緊張は高くなる。
 動いてはいけない。そして、恐らく音を発してもいけない。
 砂漠には「チアゲハ」という凶暴な生き物が生息すると言い伝えられていた。だが、その姿を見たと言う者は殆どなく、迷信と笑う者すらいた。
 フウは、何故これほどまでにチアゲハの目撃情報が乏しいのか、ようやく気付いた。
 フウは息を押し殺す。死ぬもんか、と己に言い聞かせ、折れそうになる心なんとか平常に留めていた。残った八人は一つの言葉も、呼吸の音すらも漏らさず、そこに立っている。日がゆっくりと西の地平、視界の右に落ちていく。地平が少しずつ赤みを帯びていった。乾いた血のような色だ。
 もうすぐ、もうすぐ夜が来る。
 その時、大きな風が吹いた。
 フウは反射的に太ももの間に外套の裾を挟み、自分自身の身体を抱きしめるように押さえた。ゼロコンマ遅れて突風が八人を横殴りにし、マントが横薙ぎにされる。はためいた布が音をたて、女性の一人がそれを押さえようとして転倒した。見た目は三十半ばくらい。少々華奢だが面倒見のいい優しい人だった。「砂漠の横断便」を利用したフウに一番優しくしてくれた。その女性は悲鳴を上げる間もなく頭から化け物の口に呑み込まれ、砂の中に消えていった。助けようと身体を動かした三人の男もチアゲハに呑み込まれ、
「うぎゃああおぉぉぉ」
 くぐもった悲鳴ごと砂の中に引きずり込まれていく。
 チアゲハは、はためいた外套の音に反応したのだ。
「いやああああああぁ、ジン!」
 女性の一人が奇声を上げた。その背後にいた別の女性が、
「落ち着いて! ユミ!」
「いや、いやあああぁ、ジン死なないで!」
 その絶叫を断ったのはやはりチアゲハだった。砂が爆ぜ、チアゲハの巨体が飛び上がった。鳥の嘴のような口、芋虫のように長く、肥えた身体。そこに生えそろう昆虫のような節足。その巨体が高々と砂埃を巻き上げて地表に飛び上がり、絶叫する女性の身体を呑み込むとその背後にいた女もついでと喰らう。悲鳴を上げた女は即死、それを宥めた女性はまだ息があった。チアゲハの口の間からはみ出した上半身が苦悶の表情を浮かべている。
 フウとチアゲハが向かい合う。フウは息を止めた。チアゲハはじっとフウの方を向いている。
「だず、げ、て。しに、だ、く」
 女は血まみれの腕をフウの方に伸ばす。チアゲハは振り返ると、ヘビのように身体を波打たせ、自分が出てきた穴に女二人もろとも頭から砂の中に入っていった。その穴からとりわけ大きな赤い砂の柱が上がる。
 気が付けば残っていたのは二人。フウと茶色い外套を纏う小柄な男だった。男の腰には小さな刀剣が揺れている。彼は動じた素振りも見せず、その場に仁王立ちしていた。再び風が吹く。外套が靡いても男は動かない。その音に反応したチアゲハが口を広げて喰らいにかかる。
 男は俊敏だった。
「おっと」
 小柄な体を活かして軽やかに身をさばくと、チアゲハの口撃を避けた。そこを別のチアゲハが襲いかかる。
 轟音。
 外套の袖口から刃が飛び出したかと思うと、神懸かった俊敏性でチアゲハに鋭い斬撃を浴びせた。フードがめくれて男の顔が露わになる。フウと同じくらいの年齢の少年。だが驚くべきはそこではない。両目の瞳孔は血のように赤い光を放ち、皮膚が破れて金属が露出している。
 人造人間。
 この世界のどこかに潜伏していると噂される死の戦士。少年は身を翻すと飛び掛かってきたチアゲハの腹部に刀剣を突き立て、その腹を掻っ捌く。裂かれたチアゲハの腹部から褐色の液体と共に無数の人骨が砂上にぶちまけられた。
「感度良好、敵影多数」
 赤い瞳が点滅したかと思うと、少年は関節の噴気孔から蒸気を噴射し、剣を構えなおす。その先には地上に飛び出してきた別のチアゲハがいる。チアゲハは口を開くと、その体を波打たせ少年に殺到する。少年は背中に開いた穴から炎を噴射させ劇的に加速。向かい来るチアゲハに斬りかかる。チアゲハと少年が交差し、そして動きが止まった。
 激闘に生じた空白に風の奏でる口笛が響く。
「損傷、過多」
 少年の右手は刀剣ごと肩からもぎ取られていた。石油のような黒い液体が地面に零れ落ちる。異形の戦士は膝をついた。その、二秒後だった。彼の足元が二つに割れ、巨大な嘴が鉄の身体を挟み込む。金属が破断するけたたましい音が生じ、その身体は地中に呑み込まれていった。数秒後、砂の中から黒い砂と無数の金属片が高々と舞った。