鎌池和馬OFFICIAL WEBSITE

特報

とある魔術の禁書目録×電脳戦機バーチャロン

『とある魔術の禁書目録』×『電脳戦機バーチャロン』
スペシャルコラボ企画進行中!

『とある魔術の禁書目録』と、セガが誇るロボットアクションゲームの金字塔『電脳戦機バーチャロン』がまさかのコラボ決定!
コラボ小説企画進行中!

『禁書』×『バーチャロン』コラボに寄せて

●鎌池和馬

今回は『とある魔術の禁書目録』と『電脳戦機バーチャロン』のコラボ作品です! ……同じメカモノなら『ヘヴィーオブジェクト』の方が相性良くない? とも思いましたが、亙さんやカトキさんのお話を聞いて少し納得。お二人とも、第一線のプロフェッショナルであるが故に、バーチャロンを普通のメカモノにしてほしくない、という気持ちがすごく強いんですよね。『ヘヴィーオブジェクト』も変化球ですが、メカとメカをぶつけた程度の『変化』では小さくまとまってつまらない、と。
ならば思い切った化学反応に乗っかろうじゃないかとさんざん試行錯誤した作品。最初の方は『巨大ロボが戦っているかと思いきや、実は病弱少女の心臓ペースメーカーの中でのミクロな戦いだった』なんてスケール感のどんでん返しを前面に見せたプロットなども出した結果、一体何がどう紆余曲折したのか。読者の皆様の目で確かめていただければと思います。

●カトキハジメ(『バーチャロン』シリーズメカニックデザイナー)

この度は『とある魔術の禁書目録』シリーズと『バーチャロン』のコラボと云う事で、電撃文庫ファンの皆様にはご挨拶をしないといけません。初めましてカトキです。『禁書』ファンの皆様には、どうぞよろしくお願いします。鎌池先生と編集部にはもう挨拶はすませました。アウェイ感の漂うラノベの最前線に来てしまって緊張していますが、頑張ります。一方、これまでVOの無軌道振りを見て来た『チャロン』のファンの人は、それほど驚かれないと思います。いつものアレですので、気が向いたらお付き合いください。頑張ります。

●亙重郎(『バーチャロン』シリーズプロデューサー)

ついに『とある魔術の禁書目録』シリーズと『電脳戦機バーチャロン』のコラボが始動しました。意外な組み合わせに驚かれている方も少なくないと思いますが、本来、コラボレーションは意外性が肝であり、だからこそ、ファンの皆様に新たな楽しみを提供しうるパワー源になると考えています。バーチャロンの世界観、そしてカトキさんの手になるバーチャロイドをはじめとするガジェットが、どのような形で禁書の世界に織りこまれて物語に仕立て上げられていくのか。上条君やインデックス、美琴さんがどんな活躍をしてくれるのか。鎌池先生の手腕に是非ともご期待ください。そして、この物語を起点にして、禁書の世界でもバーチャロンでも、驚きのある新たな展開が始まることを願ってやみません。よろしくお願いします。

バーチャロンとは

1995年にセガが発売した、伝説的アーケードゲーム。巨大ロボットによる高速機動の戦闘を初めて実現した3D対戦アクションゲームで、その後の続編シリーズも含め「ロボットアクション」というジャンルを確立した歴史的作品である。ゲーム性だけではなく、重厚で緻密な世界観設定や、カトキハジメ氏が手がけるメカニックデザインに魅力を感じるプレイヤーも多く、今なお熱狂的ファンが存在している。

電撃文庫より5月10日発売!
とある魔術の禁書目録×電脳戦機バーチャロン
とある魔術の電脳戦機

「電撃☆N高校」特別企画

電撃文庫MAGAZINE VOL.50
「電撃☆N高校」特別企画にて鎌池和馬書き下ろし短編
「俺にはもうNとファンタジーの定義が見えない」(後編)を掲載!

電撃文庫MAGAZINE VOL.49
「電撃☆N高校」特別企画にて鎌池和馬書き下ろし短編
「俺にはもうNとファンタジーの定義が見えない」を掲載!