新作紹介

電撃文庫

この大陸で、フィジカは悪い薬師だった

  • 著者/鳩見すた
  • イラスト/アマガイタロー
  • 定価/(本体630円+税)
  • 2016年4月9日発売
  • ISBN 978-4-04-865882-9

第21回電撃小説大賞<大賞>受賞作家が贈る、新感覚異世界ファンタジー! 

 僕は絶対許さない。エイル教の教典『ラズの書』に記された禁忌を冒し『害獣』を治療して回る異端者フィジカを――。
 彼女はその可愛い見た目(あくまで見た目だけ!)とは裏腹に、人間の治療を拒否するんだ。薬師なのに! だから僕は、フィジカを必ず捕まえて、改心させてみせる。エイルの教えは絶対なんだから。
 ……でも、最近フィジカの行いが正しいような気もして……いや、絶対認めない!
 コカトリス、サラマンダー、一角獣、人魚……異世界にまつわるモンスターの神秘と医療を描く、新感覚ファンタジー、登場。

この大陸で、フィジカは悪い薬師だった

  • カートに入れる
  • 立ち読みする

電撃文庫

この大陸で、フィジカは悪い薬師だった

第21回電撃小説大賞<大賞>受賞作家が贈る、新感覚異世界ファンタジー!

僕は絶対許さない。エイル教の教典『ラズの書』に記された禁忌を冒し『害獣』を治療して回る異端者フィジカを――。彼女はその可愛い見た目(あくまで見た目だけ!)とは裏腹に、人間の治療を拒否するんだ。薬師なのに! だから僕は、フィジカを必ず捕まえて、改心させてみせる。エイルの教えは絶対なんだから。……でも、最近フィジカの行いが正しいような気もして……いや、絶対認めない! コカトリス、サラマンダー、一角獣、人魚……異世界にまつわるモンスターの神秘と医療を描く、新感覚ファンタジー、登場。

購入のご案内

現在下記のサイトからご購入いただけます

  • Amazonで購入する
閉じる

≪キャラクター紹介≫

  • アッシュ・アルバーン

    アッシュ・アルバーン

    「フィジカ・クロロッカ。異端容疑で君を拘束する」

    エイル教会所属の『角守』。世界を旅し、人に害なす幻獣――『害獣』を討ち倒し、教会に背く『異端者』たちを捕まえるのが仕事。すこしわがままなシャーロットという妹がいる。

  • フィジカ・クロロッカ

    フィジカ・クロロッカ

    「キミはどんだけ頭が固いの? どこまで教会に従順な犬なの?」

    エイル教の教典『ラズの書』で、異端者指定されている少女。《悪い薬師》、《魔王の手先》などの悪名を持つ。治療代として法外な料金を請求し、相手が子供であろうと金がなければ診療しない。それだけでなく、『害獣』であるモンスターを治療して回っている。

≪読みどころチョイス!≫


「あの子の前で出てくるなんて、何を企んでるわけ?」

 着替えのために野営場所を離れると、早速パナキアが姿を現した。

「うふふ。フィジカちゃん、ひょっとして怒ってる??」

「は? なんで私が怒る必要――ふわぁぁあぁぁあぁあぁっ」

 パナキアに背中をつつーと撫でられ、寝床から引きずり出された猫のような声が出る。

「なんかね?、嬉しくなっちゃったの。アッシュくんがいい子過ぎて」

「全然いい子じゃない! おかげで明日から私まで貧乏宿――」

 ふいに草を踏む音がした。闇の奥からアッシュの声が聞こえる。

「おーい。いま寝床から引きずり出された猫みたいな声が聞こえたけど、大丈夫ですかー?」

「ほら、いい子」

 パナキアの優しい気配がふっと消え、フィジカは慌てて服を着た。

≪害獣や聖獣と呼ばれるモンスターたち≫

悪い薬師であるフィジカが治療するモンスターたちを紹介する。


  • 名称:コカトリス(別名コッカトライス) 危険度:高 等級:三

    名称:コカトリス(別名コッカトライス) 危険度:高 等級:三

    悪魔(エルフ)の尖兵たちが跨る半鳥半蛇の害獣。特徴は以下の通りである。邪悪なる視線で対象を石化させる。性格は極めて獰猛で、村を襲って人や家畜を丸呑みにする。
    また、その吐息には毒性が含まれているため注意が必要である。

  • 名称:サラマンダー(別名:火蜥蜴) 危険度:低 等級:七

    名称:サラマンダー(別名:火蜥蜴) 危険度:低 等級:七

    錬金術士が四大精霊と崇める蜥蜴の害獣。大きさは手のひらに乗る程度。火山の溶岩中に棲息し、特に人に対して危害を加える事はない。しかし異端者たちの崇拝対象となっているため、存在そのものが害である。また、サラマンダーを捕獲するにはサラマンダーの皮でできた手袋が必要である。

  • 名称:ユニコーン(別名一角獣)

    名称:ユニコーン(別名一角獣)

    森の泉に住まう清き聖獣。エイル神が地上に降りられた際、その守護を担う存在でもある。穢れ無き乙女のみがその背に跨ることを許されるが、邪な意思を持つ輩は鋭利な角で一突きされて死ぬだろう。教団が掲げる「純真」と「選別」の象徴であり、何人(なんぴと)たりともこれを傷つけてはならない。

  • 名称:人魚(別名セイレーン、ハルフゥ、メロウ) 危険度:低 等級:九

    名称:人魚(別名セイレーン、ハルフゥ、メロウ) 危険度:低 等級:九

    半人半魚の亜人種。妖しげな声と容姿で漁師を誘い、海に引きずり込んで喰らう悪しき害獣。悪魔(エルフ)やフェアリーなどと違い、言語による意思の疎通は困難である。繁殖力が高いため、見つけたらこまめに屠っておくとよい。

  • 名称:ドラゴン(別名ドラコーン) 危険度:高 等級:一

    名称:ドラゴン(別名ドラコーン) 危険度:高 等級:一

    その姿は牛ほどでもあり、山をも超えることもある。天(あま)翔(か)けるものもいれば、地を這いずるものもいる。海に棲息する種に手足はないが、概ねはトカゲに似た容姿である。口から炎や毒性を含む吐息を吐き、古代種は人語を解して語りかけてくることもある。様態は様々だが、ドラゴンは押しなべて人を食い、大地を荒らす害獣の王である。聖ヒルダによれば、エイル神はドラゴンについてこう述べたとされている。『竜とは具現化した魔性であり、邪悪そのものである』

  • 名称:ヒポグリフ(別名ヒッポグリフ) 危険度:低 等級七

    名称:ヒポグリフ(別名ヒッポグリフ) 危険度:低 等級七

    上半身には鷲の頭と翼を持ち、下半身に馬の脚と尾を持つ獣。グリフォンが馬(ヒッポ)と交配した結果生まれた生物であり、温厚で家畜に適している。グリフォンと比べて体が重いため、矢の一本で簡単に落とせる。

スコアGET!!

SPECIAL スペシャルリンク

  • 電撃25周年公式サイト
  • エロマンガ先生 TVアニメ公式サイト
  • ゼロから始める魔法の書 TVアニメ公式サイト

PAGE TOP