吸血鬼の姉とゾンビの妹が雪にやられて立ち往生しているようだけどどうしましょう……イミテーションだけど
第三章

【crawler search】私刑【you need word!】

 現状存在している法律が機能しない環境にいる、または刑罰が不足していると『当事者の主観で』感じられた場合に、刑務の執行機関以外の個人や集団の手で行われる私的な暴力。無人島に流れ着いた一集団が秩序を保つため、法の裁きが軽すぎるとして行われる追加の制裁、などが該当する。
 例えばあなたが犯罪組織の中での仲違いや私的な賭博の配当金の不払いなどのトラブルに見舞われた場合、警察や裁判所に相談する事はできないと容易に想像がつくだろう。すると、自然とこうした独自ルールに基づく制裁、私刑の出番が多くなる訳だ。

 ただし、根本的には秩序を保つための過剰な暴力であり、金が欲しい、あいつが気に食わない、などの理由で振るわれる一対多数の暴力は私刑とは呼ばない。今ではリンチという言葉だけが一人歩きしているが、例えばあなたが仲間と共に強盗や暴行などの目的で標的を取り囲み、一方的に殴る蹴るだけでは私刑の要件は満たさない。
 善なるルールを補強するための暴力。
 これが本来の私刑の定義と言えるが、そもそもあなた一人の判断が通常法規に勝ると考えて実際に他者を害してしまう事そのものが犯罪的な行為であるという単純な事実を、あなたは忘れてはならない。

 弱者を殴ったら問答無用で死刑というルールを周囲に強要する事で、あるいは無抵抗に従って手を汚す事で閉鎖環境の秩序を保ったとして、外からやってきた人達があなたを許す展開はまずない。その場合、災害や紛争の現場であろうが警察は普通に科学捜査で実行犯であるあなたを正確に割り出し、裁判長は粛々と通常法規に基づく判決を言い渡すだけだ。
 こちらもやはりエンタメ作品から普及したためか、正当防衛やカルネアデスの板という言葉だけが広く一般に伝わってはいるが、実際に裁きの場で適用される事はほぼないとあなたは考えるべきである。
 極限の環境では奇麗ごとが通じなくても、ウチには赤ちゃんがいようとも。それら例外項目は全て明文化された通常法規を根拠とせず、あなたが自分一人で決めた何となくの定義に過ぎないのだから。

前へ1|2|次へ >