10

OFFICIAL WEBSITE

書籍情報product

書影:Babel II 魔法大国からの断罪

シリーズ:Babel

Babel II 魔法大国からの断罪

魔法大国ファルサスへ到着。しかしそこで知る衝撃の真実とは――。

書影:Babel II 魔法大国からの断罪

魔法大国ファルサスへ到着。しかしそこで知る衝撃の真実とは――。

 幾度となく命の危険に遭いながらも、雫のひたむきな前向き思考と魔法士エリクの機転によって切り抜けてきた長い旅路。カンデラ城での禁呪事件を経た後も、行く先々で何故か騒動に巻き込まれながら、遂に二人は当初の目的地であった魔法大国ファルサスへと到着する。
 日本帰還への糸口を求めて、ファルサス王ラルスとの謁見が実現するが……。

「──立ち去るがよい、外部者よ」

 雫の存在を“ありえない異質”と断じ、冷徹な意志を持って王剣を突きつけるラルス。処断を逃れるため、自分が人間であることを証明するために雫が取った行動とは。そしてファルサス城の中で知ることになる、エリクの過去とは。
 やがて解明されていく世界の謎。異なる世界の言語を教え合う中で少しずつ降り積もっていった違和感は、衝撃的な事実として雫たちの前に立ち現れる。

ISBN 9784049133301
判型 B6判
ページ数 460ページ
発売日 2020年9月17日発売
定価 1,300円+税

購入はこちらから

このシリーズの新文芸

同じ作者の作品シリーズ

著者 古宮 九時

ページの先頭へ