10

OFFICIAL WEBSITE

書籍情報product

書影:魔女と少女の愛した世界

シリーズ:魔女と少女の愛した世界

魔女と少女の愛した世界

怠惰な魔女と捨てられた幼子の不器用で愛しい共同生活。

書影:魔女と少女の愛した世界

怠惰な魔女と捨てられた幼子の不器用で愛しい共同生活。

 町外れの森に住む魔女エリシア。ある日、彼女が家に帰ると、薄汚れた服を身につけた人間の幼子が食料棚を漁っていた。手には、朝食用にとっておいたミルクパン。
 腹はたつが、殺すのもめんどくさい。だが、高値で少女を売ろうにも、教養を身につけさせねばならない。そのため仕方なく少女と暮らしはじめたエリシアだったが――。
 これは、嫌われ者の魔女と孤独な少女の愛と絆の物語。

ISBN 9784049127928
判型 B6判
ページ数 258ページ
発売日 2019年11月16日発売
定価 1,200円+税

購入はこちらから

ニュース

『魔女と少女の愛した世界』刊行記念! サイン入り色校があたる Twitterキャンペーン開催!


魔女と少女の愛おしくて切ない共同生活を描いた『魔女と少女の愛した世界』の刊行を記念して、Twitterキャンペーンを開催いたします!

ハッシュタグ「#魔女と少女」をつけた上、感想をツイートいただいた方の中から、「これは!」というツイートをしてくれた2名様に「浅白深也&海島千本サイン入りカバー色校」をプレゼント!!

沢山の投稿をお待ちしています!


【ツイートキャンペーン応募方法】  
・Twitterの電撃文庫アカウント(@bunko_dengeki)をフォローしてください。  
・公開アカウントにてハッシュタグ「#魔女と少女」をつけた上、感想をツイートすればエントリー完了です!  
・「これは!」という感想ツイートをしてくれた方の中から抽選で2名様に「浅白深也&海島千本サイン入りカバー色校」をプレゼントいたします。

【対象作品】
魔女と少女の愛した世界



【募集期間】  
2019年11月16日(土)~ 2019年12月2日(月)23:59ツイート分まで  

【結果発表】  
当選者へのみ、Twitterのダイレクトメッセージ(DM)で、賞品の送付方法等をお知らせします(2019年12月6日(金)頃を予定) 。  
※当選の場合、期日までに賞品送付先を登録いただく必要があります。かならず2019年12月15日(日)までにDMをご確認いただき、送付先をご登録ください。  

【注意事項】 ※あらかじめ以下をご確認いただき、ご了承のうえでご応募ください  
●本キャンペーンへの応募には、Twitterへの登録(無料)が必要です。  
●ハッシュタグ「#死に戻り勇者」の前後にスペースまたは句読点を入れてください。スペース等で挟まないと、ハッシュタグとして認識されず、選考の対象外となる場合があります。
●以下の場合は、応募を受け付けることができません。  
・第三者の権利を侵害する内容及び公序良俗に反する内容など弊社で不適切と判断した内容  
・非公開アカウントからの応募  
・懸賞応募用アカウント、ボット(Bot)アカウントからの応募  
・賞品の送付方法お知らせ以前に、応募ツイートもしくは応募アカウントを削除した場合  
・賞品の送付方法お知らせ以前に、公式アカウント(@bunko_dengeki)へのフォローを解除した場合  
●応募ツイートは、電撃文庫公式HPや電撃文庫公式アカウントからのRT等でご紹介させていただく場合があります。  
●本キャンペーンの応募に伴い発生する通信料は、お客さまのご負担となります。  
●応募者の居住地および賞品の発送先は、日本国内に限らせていただきます。
●当選者にはダイレクトメッセージをお送りします。公式アカウント(@bunko_dengeki)からのダイレクトメールを受け取れるよう設定してください。 
●当選の連絡後、2019年12月15日(日)23:59までに賞品の送付先の入力フォームへの登録が確認できない場合は辞退とみなし、他の応募者へ権利が移行します。  
●本キャンペーンは、株式会社KADOKAWA(以下、弊社と言います)が主催しています。TwitterおよびTwitter社とは関係ありません。  
●Twitterおよび関連ツールの動作等の不測の障害により、本キャンペーンを予告なく変更・中止させていただく場合があります。  
●入選者へお送りする賞品を譲渡(転売、オークション出品含む)しないことが応募・当選の条件です。譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され賞品をお返しいただく場合があります。  
●賞品送付のためにご提供いただいた個人情報は、弊社のプライバシーポリシー の定めるところにより取り扱わせていただきます。  
●抽選に関するお問い合わせには一切応じられません。


このシリーズの新文芸

ページの先頭へ