10

OFFICIAL WEBSITE

書籍情報product

書影:ぼくの妹は息をしている(仮)

ぼくの妹は息をしている(仮)

理想の妹は、自分の小説の中にいる!? 小説に取り込まれたぼくは――。

書影:ぼくの妹は息をしている(仮)

理想の妹は、自分の小説の中にいる!? 小説に取り込まれたぼくは――。

「人を殺す小説を書きてえなあ。」
 どうせ小説を書くのならそんな小説がいいと、ぼくは常々思っていた。そしてかばんの中には、そんなぼくの「処女作」がある。そう、自分の「脳」を用いた自動執筆装置によって、ぼくはついに小説の作者になったのだ。
 さて、どんな物語が出来るのだろうか。最初に登場したのは真っ白な髪をした美少女、妹のユキ。風呂まで一緒に入りたがる兄離れできない甘えん坊。ん? なんか萌え萌えしたラノベ的波動を感じるが、ぼくの小説に限って──。うぅ──。

 意識を取り戻したぼくを、金髪美少女のかりんが迎える。
「あなたの小説について、先生がお待ちです──」
 さっきのは夢? ぼ、ぼくの小説は──?

ISBN 9784049129076
判型 文庫判
ページ数 328ページ
発売日 2019年11月9日発売
定価 630円+税

購入はこちらから

ページの先頭へ